VirtualBoxでサーバ構築5 FTPサーバー編

サーバー

今回も前回同様のインストール作業になります。

1.vsftpdのインストール


前回のApacheでWEBページを表示するためにファイルをアップロードすることが必要になります。

そのファイルのアップロード・ダウンロードをやってくれるのがftpサーバーです。では、早速。

インストール

# yum -y install vsftpd

たったこれだけです。

2.設定


まず、自動起動設定をします。

# systemctl enable vsftpd.service

次にfirewallで許可を出します。

# firewall-cmd --permanent --add-service=ftp

そして、ftp自体の設定です。

下の項目を設定すれば十分でしょう。

とりあえず、/etc/vsftpd/vsftpd.conf

# vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

次の項目を探してください。

anonymous_enable=NO #匿名ユーザーでのログイン許可をしない
local_enable=YES #ローカルユーザーでのアクセスを許可
write_enable=YES #書き込み許可
ascii_upload_enable=YES #アスキーモードでのアップロードを許可
ascii_download_enable=YES #アスキーモードでのダウンロードを許可
chroot_local_user=YES #ローカルユーザのアクセス先を制限
chroot_list_enable=YES #chroot_listを有効化=/homeより上にアクセスできるユーザーの一覧
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list #chroot_listの場所
allow_writeable_chroot=YES #chrootでの書き込みを許可
user_config_dir=/etc/vsftpd/users_conf #ユーザーごとの設定ファイル

上のように設定したら、指定したフィルを作ります。

chroot_listの作成

# vi /etc/vsftpd/chroot_list

これにchrootを許可するユーザー(とりあえずroot)を書き、保存します。これで、rootだけが上位ディレクトp理にアクセスできます。

次に、users_configディレクトリをつくります。

# mkdir /etc/vsftpd/users_conf

そうしたら、今作ったディレクトリ内にユーザーの名前のファイルを作ります。ここでは、test1というユーザーようの設定ファイルを作ります。

まず、単にユーザー名でファイルを作ります。

# vi /etc/vsftpd/users_conf/test1

そうしたら、今回はアクセス先のディレクトりを指定します。このtest1は一般ユーザですので、Apacheのドキュメントルートにだけアクセスできれば良いでしょう。

#/etc/vsftpd/users_conf/test1に以下を書き込む

local_root=/var/www/html

これで保存したら、準備は完了です。早速起動しましょう。

# systemctl start vsftpd.service

起動したら、ホストOSのftpからアクセスできれば問題ありません。ちなみに、FTPソフトはコマンドラインでなく、FileZillaがおすすめです。

FileZillaのダウンロードページ=>>https://ja.osdn.net/projects/filezilla/

ココから、クライアントのFileZillaをダウンロードできます。