CentOS7 yumが[Errno 256]を返す時は…

CentOS

CentOSでyumに失敗してしまったことがったので少しまとめておきます。
Dropboxのリポジトリがどうやらおかしいようでした。そもそも、読み込ませないという方法もありかもしれませんが、今後のことも考えて、使える状態にしておくのがベストではないかと。
今回はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

【CentOS】yumのDropboxリポジトリエラーの対処方法

必要な所だけまとめておきます。
/etc/yum.repos.d/dropbox.repoをコンソールで開き、
baseurlの業をコメントアウトして、次のように書き換えれば良いようです。

[Dropbox]
name=Dropbox Repository
baseurl=http://linux.dropbox.com/fedora/20/
gpgkey=https://linux.dropbox.com/fedora/rpmpublickey.asc

要するに、もともとの$relaserverのバージョンの値がずれていて、対応できないのをこのように直接指定し直すようです。試してはいませんが、他のCentOSでも、ココを治せばおそらく解決できるかと。