たったの一秒で簡単にSSHを接続する方法

サーバー

SSHは公開鍵認証を使っても、configで簡略化しても面倒くさいですね。SSHでログインすることが目的ではないので、なるべく早く繋ぎたい。個人的に少しの準備でワンクリックで接続できる方法があるので紹介します。回線やサーバーの応答速度にもよりますが、本当に一秒で接続できます。

1.パスワードではなく、秘密鍵認証を使用する

まず、公開鍵認証ログイン時のパスワード入力を省略します。ここは定番なので、以下のサイトでも参考にしていただければ良いかなと。(済なら読み飛ばして下さい)

【手順つき】SSHの公開鍵認証のやり方

2.PowerShellのスクリプトを作る

ここからが簡単に使う鍵です。通常sshはターミナルでコマンドを打って接続することになると思いますが、そのコマンドをスクリプトにします。

Windowsの場合(PowerShell)

Windowsは10の最新版であればsshが標準搭載されていると思います。コマンドプロンプトでもできると思ったのですが、エラーがでてしまったのでPowerShellを使います。以下の内容を書いて{接続先名}.ps1の形式で保存して下さい。正直、拡張子がps1なら名前は何でも良いです。

ssh {ユーザー名}@{接続ホスト} -i c:\Users\{ユーザー名}\.ssh\{id_rsaなど秘密鍵の名前} #秘密鍵へのパス

-iは秘密鍵の場所を指定するオプションで、Windowsでは秘密鍵はc:\Users\{ユーザー名}\.ssh\id_rsa が標準ですが、システムの領域などでない限りcドライブならどこでも大丈夫だと思います。(データ用のHDDでやったらダメでした)複数の秘密鍵を設置する場合は名前を変えるだけです。

3.デスクトップにショートカットを作る

スクリプトが完成したら、これを実行します。ただ、Windowsはこのスクリプトをダブルクリックしても実行できないんですよね。右クリックして、「PowerShellで実行」でできるけど、これも面倒くさい。なので、デスクトップにショートカットを作ります。

ファイルを右クリックして「送る」=>「デスクトップ」でショートカットを作ります。次に、ショートカットを開いたらリンク先のパスを以下のようにして下さい。参考: Powershellを楽に実行してもらうには

powershell -ExecutionPolicy RemoteSigned -File c:/sshkantan.ps1

これで終わりです。ショートカットをダブルクリックしてみて下さい。ちゃんと繋がります。