学生証を使わずにGitHub Educationに申請する方法

インターネット

GitHub Educationは学生向けに無料でGitHubのPROプランやツール、サーバーを提供しているサービスです。JetBrainsのIDEが無料で使えるので結構得です。

Engaged students are the result of using real-world tools – GitHub Education

申請には学校発行のメアド、または学生証を写真にしてアップロードすることが必要です。しかし、私の学校は.ac.jpや.ed.jp、.eduといった教育機関向けのドメインを使っていない(ちなみに.org)。通常、この場合は学生証をアップロードすればいいのですが、顔写真付きなので抵抗がありました。今回、学生証なしで新規申請することが出来たので方法を書きます。

学生証や生徒手帳以外の証明書でもよい

GitHub Educationの使用できる証明書について書かれたページをみると、少なくとも1つ以上の日付が証明できる証明書をアップロードしろ、と書いてあります。

つまり、在学証明書をアップロードすればいいわけです。

日本語の在学証明書は使えない

私は初め、日本語の在学証明書をアップロードして申請したのですが、ダメでした。GitHubはアメリカの企業ですから、そうですよね。

英語の証明書で再申請

英語の在学証明書で申請したところ、GitHub Educationに登録できました。ちなみに、再申請についてはリクエストが保留中はできません。確かにフォームは表示されますが、submitするとエラーになります。