ただの共有レンタルサーバー(コアサーバー)を開発サーバーにしてみるPart1【emacs】

インターネット サーバー

このサイトはコアサーバーというレンタルサーバーを利用して運営しているのですが、コアサーバーってsshで色々いじれるんですよね。pythonやrubyのプログラムも実行でき、そのまま何も使わないのは勿体ない。もしかしたら、なにかできるんじゃないか、ということで今回はemacsを入れてみました。

共有レンタル鯖ではroot権限がもらえないので…

当たり前ですが、共有サーバーなのでroot権限を使うことはできません。つまり、パッケージをyumでインストールできないのです。

emacsの公式( https://www.gnu.org/software/emacs/download.html#windows )にもある通り、パッケージをインストールするのがベストですが、ダメなのでソースから自分でビルドします。

emacsのダウンロード

emacsのファイルは http://ftp.jaist.ac.jp/pub/GNU/emacs/ で配布されています。記事執筆時点ではemacs-26.2が一番新しいようでした。

サーバーにsshでログインしてダウンロードし、解凍します。

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/GNU/emacs/emacs-26.2.tar.gz
tar -zxvf emacs-26.2.tar.gz

ここまで終わると、emacs-26.2というディレクトリが生成されているので移動します。(emacsのバージョンによって、変化するはず)

emacsのインストール

configureがあるので、そのまま実行してみました。

途中までは順調だったんですが、最後にエラー。オプションを付けないとダメ尿です。

–prefix={アクセス権のあるディレクトリ}は指定しないと、/usr/localに書き込もうとし、エラーになるので必須でした。今回は、$HOME/localにしています。

–with-gif=noも付けないとエラーになったので付けています。

環境によっては、上の2つをしてしてもエラーがでたり、逆に不要かもしれませんが、そのあたりはエラーを見ながら調整すれば大丈夫かなと。

./configure --with-gif=no --prefix=$HOME/local

ところどころ警告が出ましたが、無視しました。次にmakeしてinstallです。

make; make install

これでemacsのインストールは終わりです。しかし、この状態ではPATHが通っていないので、別途PATHを通して下さい。

そして、emacsと打つと、起動成功!!

これで、かなり便利にプログラムが書けます。レンタルサーバーも十分な汎用性がありそうです。

参考サイト